Room33 宇宙へのいざない~宇宙論

注) 下記の講座は終了しました

今回の教養サロンは、宇宙がテーマです。宇宙はどうやって始まったのでしょうか。宇宙は膨れ続けているらしいのですが、この先どうなっていくのでしょうか。こんな謎だらけの宇宙について、オーナーが最新の知見をわかりやすく解説します。サロンではこれまで毎年のように宇宙をテーマにしてきましたが、何回やっても興味が尽きません。初めての方も、きっと!の連続ですよ。オーナーにとっても宇宙は大好きなテーマ。きっと、白熱のサロンになること間違いありません。いつものように、御家族、ご友人のご参加も大歓迎です。

  • 神戸会場 2014年11月 8日(土)
  • 大阪会場 2014年11月 26日(水)

講習時間・参加費用

※会場別に異なりますので
 右の申込み欄をご確認ください

※終了後の交流会費用は別途

開講会場

岡本会場

四日市会場

申込方法

参加申込はご希望の日時を選択頂き、申込ボタンを押下して下さい。

キャンセルの場合

テキストの準備のため、キャンセルされる場合は開催日の3日前までにご連絡ください。
それ以降のキャンセルに関しては、テキスト代+送料計3,600円(税込)をお支払いただきますので、予めご了承ください。
テキストはご指定の住所宛てに郵送します。到着後、同封のご請求書記載の
パスカル銀行口座までお振込願います。(振込手数料はお客様ご負担となります)

サロン開講によせて

「宇宙、それは人類に残された最後の開拓地である。そこには人類の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない・・・」。これは、1969年から74年にかけてTV放映された『宇宙大作戦(Star Trek)』の、矢島正明による冒頭のナレーションだ。もともとタイムマシンや宇宙をテーマにしたドラマや映画が大好きだったオーナーは、中学、高校時代に毎週楽しくこれを見たものである。教養サロンではこれまで「宇宙へのいざない」として、太陽系(Room3)、地球(Room9)、宇宙開発(Room15)を取り上げてきたが、いよいよ、宇宙の本丸に迫る。

みなさんは幼い頃、宇宙の果てはどうなっているのかと思わなかっただろうか。宇宙の果てに境界があるとすれば、その境界の外は何なのか?逆に、宇宙には境界がなく無限に広がっているとしたら・・・。まったくイメージが湧かない。オーナーはこの問いに物心ついた頃から今に至るまで悩み続けている。いろいろ、本を読み、専門家の話を聞き、自分なりに理解しようとしているが、未解決である。本当のところはどうなっているのだろうか。これまで誰も宇宙の果てを見たことがないし、これからも見ることはできない。つまり、真実は誰にもわからないのである。だからこそ研究の価値もあるのだろう。世界の天文学者、宇宙論者が果敢に取り組んでいる宇宙論の今をご紹介しよう。

宇宙の始まり、星の成り立ち、ブラックホール、暗黒物質などの最新の知見をまとめてみる。今年の夏に、今は使われていない子供部屋を整理していたら、オーナーが小学校1年のときに買ってもらった小学館「気象天文図鑑」(昭和36年初版)が出てきた!永年探していた、オーナーの宇宙への関心をもたらしてくれた宝物である。サロンでは、それを脇において、お話することとしよう。